Main Menu
Sub Menu
 
結婚の形
結婚の適齢期とは、10年から15年前までは25歳ぐらいから周りがそういう目で見始めましたが、ここにきて、いろいろと結婚の形も複雑になってきました。もちろん早い人は10代後半や20代初めで結婚して子供も産んでいる人は多いのです。社会に出て、それなりに仕事を任され、30代も過ぎると収入の面でも多くなり、その収入も自分の好きなようにおしゃれや美容、旅行など贅沢に使える。実家から出ている人より実家から通勤している人はもっとそうです。それが結婚すれば、今より生活レベルを落としかねないと思うと、我慢できない人も多いのでは。結婚のタイミングって本当に難しいです。 普通は子供が欲しいから子供が産める年齢までに結婚したいとか、子供ができたら籍に入れないといけないので結婚するということになろうかと考えることが多いです。
しかし、ここ最近は結婚の形もさまざまで離婚しても姓が変わらないように夫婦別姓であったり、形も別居婚、週末婚、主夫婚なども増えてきています。既存の形にとらわれない人々が多くなってきています。そうは言っても、まだまだ常識的な結婚ではないとなかなか世間に認められないということはあります。 フランスでは離婚率も高く、結婚前に同棲するというカップルが多いことで有名ですが、このほどPACSという制度が制定されました。このPACSとは、共同生活をする内縁のカップルのことで、日本にはない制度です。異性でも同性でも問わないのです。法的婚姻関係になるのと同等の権利を認められ、公証する制度ができました。フランスは結婚、離婚の手続きが大変なので、この制度を使っているカップルが多くなってきているのです。
スウェーデンでもサムポ法という法律で同棲の制度があり、同棲を経験してから結婚するカップルが9割以上なのです。日本にもこんなお試し婚があればいいと思いませんか。法律で同棲が認められていれば、別れたときも何らかの慰謝料なりが取れるかもしれません。ただ、結婚は添い遂げることが一番の理想。少々の「こんなはずじゃなかった」は、絶対にあること。そこをお互いに努力して結婚生活を続けるということが大事です。 ここでは、日本での結婚への道のりについていくつか紹介します。
お見合いと恋愛結婚
詳細はこちら
恋愛結婚とお見合い結婚とはどっちが幸せになるのでしょうか。もちろん人によってどちらとも言えません。しかし、統計上はお見合い結婚の離婚率の方が恋愛結婚より低いという結果が出ています。それには理由があるのです。 一つは、恋愛のように燃え上がって熱病のように浮かさ・・・
お見合い結婚の流れ
詳細はこちら
結婚までの道のりは人それぞれ違います。普通の恋愛結婚や結婚相談所や街コンなどを利用しての出会いから始まる結婚等もありますが、ここではその中でもお見合い結婚の流れについて紹介します。 お見合いの時間は、開始からお開きまで2〜3時間が一般・・・





Copyright ©2014 結婚までの道のり All Rights Reserved